設計者の想いの日々(ブログ)
カレンダー
<< 2022年7月 >>
262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456
カテゴリ
すべて(435)当設計事務所の姿勢・信条(31)建築雑感(24)建築知識(22)建築構造・性能(17)建築文化・伝統(27)建築素材・材料(29)住宅・建築業界(18)建築設備(5)設計者の日常(33)工事監理・現場紹介(12)お知らせ・ご挨拶(23)建築士会での活動・広報(18)東日本大震災・竜巻・災害(21)東北・北海道の町並み・建築探訪(11)栃木県の町並み・建築探訪(14)関東の町並み・建築探訪(14)甲信越の町並み・建築探訪(1)京都の町並み・建築探訪(21)西日本の町並み・建築探訪(4)茨城県北の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(13)茨城県央の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(30)茨城県西の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(8)茨城県南の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(34)茨城県鹿行の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(5)
最新記事
アーカイブ
永井昭夫
建築設計事務所
mail@nagai-sekkei.com
茨城県を中心として
活動している
設計事務所です。
対応エリア

水戸・ひたちなか・那珂・
日立・常陸大宮・城里・
笠間・鉾田・小美玉・
石岡・土浦・つくば・
筑西・古河・牛久・
龍ヶ崎・取手・守谷
その他地域もご相談下さい。

設計者の想いの日々(ブログ)

すべて

徳島県美馬市脇町~うだつの町並み

徳島県美馬市脇町の「うだつの町並み」は江戸時代から阿波藍の集散地として栄えた商家町です。国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。




「うだつ(卯建)」とは、火災の際、隣家より火の粉を防ぐために設けられた袖壁のことで、隣地側の1階の屋根の上に設けられています。
その後、財力の証として競って、うだつを建てたことから、「うだつが上がる」、「うだつが上がらない」ということわざが生まれたと言われています。


これだけ、「うだつが上がる家」が立ち並ぶのも全国的に珍しく、私の知る限りでは岐阜県美濃市にあるくらいだと思います。


京都の町家のように、屋根が少し丸味を帯びている、いわゆる「むくり屋根」の建物も見受けられます。
むくり屋根には、頭を下げてお出迎えという意味が込められているそうです。


また2階部分に虫籠窓(むしこまど)がある建物も目立ちます。虫籠窓とは2階部分に明かりを採る、風を入れるために設けられた細長い窓の形式のことでいくつも等間隔に並びます。




江戸時代から昭和初期にかけて建てられた建物が85棟ほど立ち並びます。




カテゴリ:西日本の町並み・建築探訪 2020年4月9日(木)

京都・祇園白川

京都・祇園白川・巽橋(たつみばし)より
カテゴリ:京都の町並み・建築探訪 2020年3月31日(火)

京都・清水寺

京都の清水寺では3年間の本堂の屋根の葺き替え工事を終え、ライトアップされていました。
昼間に見れなかったのが残念です。


カテゴリ:京都の町並み・建築探訪 2020年3月30日(月)

ベンチのデザイン募集~土浦のまちに置くベンチ

土浦のまちづくり活性化バス「キララちゃん」のバス停に
設置するベンチのデザインを募集します。
土浦の街中(まちなか)の風景に合うベンチをあなたのイメージでデザインしてみませんか?

カテゴリ:建築士会での活動・広報 2019年11月18日(月)

佐渡市宿根木の町並み

佐渡市にある宿根木(しゅくねぎ)はかつての船大工や廻船業を営んだ者の家が残る港町の集落です。人がやっとすれ違えるくらいの石畳の路地沿いには、板張りの家屋が所狭しと密集しています。称光寺川という2級河川が集落を横断しています。昔さながらの町割りが残っており、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。


 

 



 

集落には石置き木羽(こば)葺きの屋根が多く見受けられます。
昔は木の板に石を置いただけでしたが、現在では金物で石を留めているそうです。
  
カテゴリ:甲信越の町並み・建築探訪 2019年10月27日(日)
87 << 1234567 >> 87
Copyright (C) 2022 永井昭夫建築設計事務所 All Rights Reserved.