設計者の想いの日々(ブログ)
カレンダー
<< 2018年1月 >>
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
45678910
カテゴリ
すべて(419)当設計事務所の姿勢・信条(31)建築雑感(24)建築知識(22)建築構造・性能(17)建築文化・伝統(27)建築素材・材料(27)住宅・建築業界(17)建築設備(5)設計者の日常(33)工事監理・現場紹介(11)お知らせ・ご挨拶(19)建築士会での活動・広報(15)東日本大震災・竜巻・災害(21)東北の町並み・建築探訪(11)栃木県の町並み・建築探訪(14)関東の町並み・建築探訪(14)京都の町並み・建築探訪(19)西日本の町並み・建築探訪(2)茨城県北の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(13)茨城県央の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(30)茨城県西の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(8)茨城県南の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(34)茨城県鹿行の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(5)
最新記事
アーカイブ
永井昭夫
建築設計事務所
mail@nagai-sekkei.com
茨城県を中心として
活動している
設計事務所です。
対応エリア

水戸・ひたちなか・那珂・
日立・常陸大宮・城里・
笠間・鉾田・小美玉・
石岡・土浦・つくば・
筑西・古河・牛久・
龍ヶ崎・取手・守谷
その他地域もご相談下さい。

設計者の想いの日々(ブログ)

関東の町並み・建築探訪

銀座の街並みPARTⅡ~「銀座」という名のブランド

銀座は地価が非常に高い地域として知られ、山の手により近い表参道に押されていた時期もありましたが、「銀座」という名は、かつてから、いわゆるブランド力が高く、銀座に店舗や会社を構えるというだけで、人間の心理は畏れ入り、同じメロンを売っていたとしても、足立区のメロンとは違うようなイメージがあって、贈答品では銀座千疋屋のメロンのほうが有難い感じがするのは、人間の心理として否めない事実であると思います。
茨城県内についても同様で、「水戸」や「つくば」という名前に求心力があり、例えば、他の茨城県の市町村所在の設計事務所と同じ仕事をしていても、「水戸」と「つくば」の設計事務所のほうがセンスの良い仕事をしていそうな感じというイメージは多少なりともあるかと思います。
私は茨城県の小美玉市に事務所を構え、水戸と土浦・つくば地域のほぼ中間に位置し、「どちらにも仕事に行きやすくていいですね」とは、よく言われます。が、私が水戸の会合に行く機会があって、水戸の会社の社長と名刺交換をすると、「ほぉ、小美玉からわざわざ、まぁ宜しく…」と露骨に馬鹿にするような対応をされた経験は数え切れない程あります。といっても、水戸は水戸でも、やはり東京には劣等感を持ち、東京を含めた日本は欧米コンプレックスから脱しきれないというような流れがあります。
そんな日本人の意識が凝縮された土地が「銀座」であり、だからこそ、銀座のクラブで一回の勘定で何十万だったり、国内外のブランドショップが乱立する現象が起こるのでしょう。
前置きが長くなりましたが、今回は、銀座(一部は汐留)に立つ建築物を紹介します。

左より、ヒューリック銀座数寄屋橋ビル(設計:久米設計・大成建設JV) ピアス銀座ビル(設計:久米設計)
  

左より、デビアス銀座ビル(設計:光井純・大成建設) クロス銀座ビル(設計:竹中工務店)
  

左より、資生堂(設計:竹中工務店) ステファニー化粧品(設計:吉柳満アトリエ)
  

左より、TASAKI(設計:乾久美子) ユニクロ(設計:クライン・ダイサム・アーキテクツ)
  

左より、YAMAHA(設計:日建設計) 日本テレビタワー(設計:三菱地所設計・リチャードロジャースパートナーシップ)
  
カテゴリ:関東の町並み・建築探訪 2013年11月4日(月)

銀座の街並みPARTⅠ~昼と夜の表情の違い

銀座は国内外のブランドショップが軒を連ねています。競うかのようにファッサード(正面)に意匠的工夫を凝らし、昼と夜とでは、その表情も違って興味深く、銀座の街の楽しみの一つです。
今回は、ブランドショップについて、昼と夜の表情の違いを比較してみたいと思います。

エルメス
  

ディオール
  

アルマーニ
  

ミキモト
  

ヴィトン
  

シャネル
  

カルティエ
  

ティファニー
  

ブルガリ
  
カテゴリ:関東の町並み・建築探訪 2013年11月3日(日)

東京スカイツリー

先日、建築士会の研修活動の行事の一つとして、幹事という立場で、東京スカイツリーの視察に行ってきました。




スカイツリー展望台からの眺め


スカイツリーとウンコビル

「ウンコビル」に載っている物体の正式名称は「炎のオブジェ」というらしいです。「うんこビル」の左隣のビルの頂上は「ビールの泡」を表現しているとのことで、その外壁は「ビールの色」のつもりのようです。壮大なマスターベーションであるように個人的には思います。私は、この画像で、そこに写る5つの建物の不調和具合をコミカルに表現したかったのです。


私自身、スカイツリー視察を行った感想・結論としましては、今回が最初で最後のスカイツリー視察となる可能性が非常に高いでしょう。つまり、費やされた時間に対して、得るものが非常に少なかったということです。
日本人の「新しい物を好む」、「話題性に惹かれる」習性は、今に始まったことではありませんが、「灯台元暗し」、もっと身近に、興味を惹くものが眠っているのではないかと考える次第です。
カテゴリ:関東の町並み・建築探訪 2013年3月10日(日)

佐原の町並み・重要伝統的建造物群保存地区

水運を利用して「江戸優り(えどまさり)」と呼ばれるほど栄えていた千葉県香取市の佐原地区は、平成8年、関東で初めて「重要伝統的建造物群保存地区」に選定され、江戸時代の面影を残す町並みが今でも活きています。








佐原出身であり、日本地図作成の大事業を興した伊能忠敬の旧宅(国指定史跡)です。現在、震災の影響もあり、修復工事中です。
カテゴリ:関東の町並み・建築探訪 2012年12月29日(土)
<< 123 >>
Copyright (C) 2018 永井昭夫建築設計事務所 All Rights Reserved.