設計者の想いの日々(ブログ)
カレンダー
<< 2018年6月 >>
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567
カテゴリ
すべて(419)当設計事務所の姿勢・信条(31)建築雑感(24)建築知識(22)建築構造・性能(17)建築文化・伝統(27)建築素材・材料(27)住宅・建築業界(17)建築設備(5)設計者の日常(33)工事監理・現場紹介(11)お知らせ・ご挨拶(19)建築士会での活動・広報(15)東日本大震災・竜巻・災害(21)東北の町並み・建築探訪(11)栃木県の町並み・建築探訪(14)関東の町並み・建築探訪(14)京都の町並み・建築探訪(19)西日本の町並み・建築探訪(2)茨城県北の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(13)茨城県央の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(30)茨城県西の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(8)茨城県南の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(34)茨城県鹿行の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(5)
最新記事
アーカイブ
永井昭夫
建築設計事務所
mail@nagai-sekkei.com
茨城県を中心として
活動している
設計事務所です。
対応エリア

水戸・ひたちなか・那珂・
日立・常陸大宮・城里・
笠間・鉾田・小美玉・
石岡・土浦・つくば・
筑西・古河・牛久・
龍ヶ崎・取手・守谷
その他地域もご相談下さい。

設計者の想いの日々(ブログ)

建築構造・性能

住宅版エコポイント

まだまだ暑い日が続きますが、暦の上で、本日8月7日は、立秋のようです。もうすぐ、お盆の頃にもなれば、残暑の象徴のようなツクツクボウシの蝉の鳴き声が聞こえてきて、少しずつですが、秋の気配が感じられてくることでしょう。

ところで、今年の12月末までの予定だった住宅版エコポイントが、最長で1年間延長する方針のようです。
住宅版エコポイントとは、省エネ基準を満たした新築の建築物に対して、一律30万円分のポイントがつく制度です。但し、一般的な木造住宅の場合で、25000円の適合審査料金がかかります。
ただ、省エネ基準の仕様は、前回ご説明した長期優良住宅の断熱に関する仕様と同じですので、長期優良住宅の認定を受ければ、適合審査料金の25000円は必要ありません。
茨城県で、省エネ基準の断熱の仕様としての一例は、
壁と天井に高性能グラスウール16K品90㎜を充填し、床に65㎜のポリスチレンフォーム、サッシにLOW-Eペアガラスを使用することです(LOW-Eペアガラスとは熱が伝達しにくい働きをする非常に薄い膜がコーティングされた二重ガラスのことです)

既存の建物についても、エコリフォームということで、住宅版エコポイントを30万円分まで使用することができます。
既存の建物の場合、一番多い断熱の方法はサッシの窓枠に内付けサッシをつけることです。つまり、サッシが二重につくことになります。そうすることで、断熱ばかりでなく、遮音の効果をも得ることができます。
実際の施工例ですが、1.5m×1.3mのサッシ1ヶ所と0.4m×1.3mのサッシ5ヶ所に内付けサッシを取り付けて、二重サッシした場合の金額は、工事費が168,000円で、それに対するエコポイントが47000円分で、お客様負担分は121,000円でした。

折角の省エネ推進のための制度なので、積極的に利用してみてはいかがでしょうか。
カテゴリ:建築構造・性能 2010年8月7日(土)

長期優良住宅

平成22年度 木のいえ整備促進事業(長期優良住宅普及促進事業)とは、中小住宅生産者(年間住宅供給戸数50戸未満)によって供給される、長期優良住宅の認定を受けた物件に対して、100万円の補助金が交付される制度です。
また、構造材(柱・梁・桁・土台)の過半において、地域の木材を使用している場合は、さらに、20万円の補助金の交付を受けることができます。

詳細はこちらのページになります。
http://www.cyj-shien22.jp/02_hojo/index.html

補助金交付申請の受付締め切りは当初、平成22年10月1日の予定でしたが、平成23年1月31日まで延長されることとなりました。


長期優良住宅と申しましても、ローコスト住宅メーカーのタマホームが長期優良住宅の仕様で行っているくらいですから、大きなコスト上昇にはつながりません。
ただ、補助金交付申請にあたっては、長期優良住宅の認定を所管行政庁から受けるための手続きが必要になります。(認定の技術的審査費39,000円)

長期優良住宅の認定は、書類・図面上の審査だけで、現場審査はありません。(建築基準法の法定検査・瑕疵担保保険の現場検査はあります)
実際に使用する材料や施工方法によっては、20~30年程度の耐用年数になってしまいますので、設計事務所による、徹底した「工事監理」が必須です。


*追加・補足事項
平成24年4月現在、当設計事務所としては、長期優良住宅の基準・仕様について否定的な見方をしています。その理由については、なるべく、早い時期に、このブログでご説明したいと考えています。
カテゴリ:建築構造・性能 2010年8月6日(金)
<< 1234 >>
Copyright (C) 2018 永井昭夫建築設計事務所 All Rights Reserved.