設計者の想いの日々(ブログ)
カレンダー
<< 2018年8月 >>
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678
カテゴリ
すべて(419)当設計事務所の姿勢・信条(31)建築雑感(24)建築知識(22)建築構造・性能(17)建築文化・伝統(27)建築素材・材料(27)住宅・建築業界(17)建築設備(5)設計者の日常(33)工事監理・現場紹介(11)お知らせ・ご挨拶(19)建築士会での活動・広報(15)東日本大震災・竜巻・災害(21)東北の町並み・建築探訪(11)栃木県の町並み・建築探訪(14)関東の町並み・建築探訪(14)京都の町並み・建築探訪(19)西日本の町並み・建築探訪(2)茨城県北の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(13)茨城県央の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(30)茨城県西の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(8)茨城県南の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(34)茨城県鹿行の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(5)
最新記事
アーカイブ
永井昭夫
建築設計事務所
mail@nagai-sekkei.com
茨城県を中心として
活動している
設計事務所です。
対応エリア

水戸・ひたちなか・那珂・
日立・常陸大宮・城里・
笠間・鉾田・小美玉・
石岡・土浦・つくば・
筑西・古河・牛久・
龍ヶ崎・取手・守谷
その他地域もご相談下さい。

設計者の想いの日々(ブログ)

栃木県の町並み・建築探訪

カトリック松が峰教会

宇都宮市の市街地に位置する「カトリック松が峰教会」は昭和7年に建築され、大谷石を使用した建築物としては、国内最大級の規模を誇ります。
近代建築の巨匠であるフランク・ロイド・ライトが設計した旧帝国ホテルでも大谷石が使用されましたが、カトリック松が峰教会と同じ採掘場の大谷石です。
建築様式は、中世ヨーロッパのロマネスク建築です。
設計は、当時横浜に住んでいたスイス人建築家のマックス・ヒンデル。
国の登録有形文化財となっています。



  

  

外部だけでなく、内部にもふんだんに大谷石が使用されています。
外観は大谷石の組積造に見えますが、内部を見ると、構造がRC(鉄筋コンクリート)造というのがわかります。
東日本大震災による被害は軽微に留まりました。


  
カテゴリ:栃木県の町並み・建築探訪 2013年12月21日(土)

那須歴史探訪館

栃木県那須町にある「那須歴史探訪館」は、中世に芦野城、江戸時代には旗本芦野氏の陣屋の麓に位置し、江戸時代の土蔵、芦野氏の陣屋裏門、2000年のオープンに合わせて新しく作られた展示館から成り、それぞれ時代を反映した建物となっています。隈研吾の設計。


  

天井と内障子に、「わら左官」が使用され、ルーバー的役割を担っています。「わら左官」は淡路島の左官職人・久住章氏の手によるもので、金属の網にわらを塗り込んでいます。壁には地場産の烏山和紙、床には芦野石が貼られています。


  

壁・天井・自動ドアに至るまで烏山和紙を貼った風除室
カテゴリ:栃木県の町並み・建築探訪 2013年12月3日(火)

馬頭広重美術館

栃木県那珂川町にある「馬頭広重美術館」は、浮世絵師である歌川広重の芸術と伝統を表現するため、伝統的で落ち着きのある外観をコンセプトとし、美術館が全体的に、地場産の八溝杉による格子(ルーバー)で包まれています。2000年オープン。隈研吾の設計。


  

  

内装は、地場産の芦野石、烏山和紙、八溝杉がふんだんに使用されいます。延床面積約600坪。


  

  

  
カテゴリ:栃木県の町並み・建築探訪 2013年12月3日(火)

那須芦野・石の美術館

栃木県那須町の「那須芦野・石の美術館」は、昭和初期に建てられた石蔵3棟を活用しながら、新しい建物3棟を増築し、「石の美術館」として再生され、2001年にオープンしました。地場産の芦野石と白河石がふんだんに利用され、「水」の要素を付け加えることで、新旧の建物が融合しています。隈研吾の設計。


   

   

「石と光のギャラリー」
芦野石を積みながらも、一部を厚み6mmの白大理石の部分を造り、その部分から自然光が差し込んで、透けて見える仕組みとなっている。


   

「石蔵茶室」
カテゴリ:栃木県の町並み・建築探訪 2013年12月3日(火)
<< 123 >>
Copyright (C) 2018 永井昭夫建築設計事務所 All Rights Reserved.