設計者の想いの日々(ブログ)
カレンダー
<< 2014年2月 >>
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
2324252627281
2345678
カテゴリ
すべて(419)当設計事務所の姿勢・信条(31)建築雑感(24)建築知識(22)建築構造・性能(17)建築文化・伝統(27)建築素材・材料(27)住宅・建築業界(17)建築設備(5)設計者の日常(33)工事監理・現場紹介(11)お知らせ・ご挨拶(19)建築士会での活動・広報(15)東日本大震災・竜巻・災害(21)東北の町並み・建築探訪(11)栃木県の町並み・建築探訪(14)関東の町並み・建築探訪(14)京都の町並み・建築探訪(19)西日本の町並み・建築探訪(2)茨城県北の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(13)茨城県央の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(30)茨城県西の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(8)茨城県南の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(34)茨城県鹿行の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(5)
最新記事
アーカイブ
永井昭夫
建築設計事務所
mail@nagai-sekkei.com
茨城県を中心として
活動している
設計事務所です。
対応エリア

水戸・ひたちなか・那珂・
日立・常陸大宮・城里・
笠間・鉾田・小美玉・
石岡・土浦・つくば・
筑西・古河・牛久・
龍ヶ崎・取手・守谷
その他地域もご相談下さい。

設計者の想いの日々(ブログ)

建築家 W・M・ヴォーリズ

W・M・ヴォーリズは、1880年にアメリカで生まれ、日本人と結婚して、近江八幡を拠点とし、日本各地に数多くの洋館を建ててきた建築家である。1958年に近江八幡市名誉市民第1号に選ばれる。日本名は、一柳米来留(ひとつやなぎ めれる)。
ヴォーリズのその建築様式は多彩であり、自身がプロテスタントだったことから教会を多く設計し、また、学校、住宅も非常に多く、郵便局、銀行、百貨店、ホテル、病院など、業績の用途も多肢にわたる。
滋賀の豊郷小学校で、建替えを強行する町長・行政・工事業者側と、保存を強く求める住民側とで、鋭い対立がマスコミに報道されたのは10数年前であり、まだ記憶に新しい(?)ところではあるが、この豊郷小学校を設計したのはヴォーリズである。
また実業家としても広く知られ、メンソレータムを日本に広く普及させた張本人とされる。
茨城県にもヴォーリズが設計した「ビンフォルド邸」が大正12年に建てられ、90数年経った今も下妻市に現存する。現在は教会として使用。


  

ヴォーリズが設計した近江八幡に現存する1921年に建てられた元郵便局で、現在はギャラリー・イベントなどの多目的スペースとして活用されている。

近江八幡は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されて、旧い街並みがだいぶ残っており、ヴォーリスが設計したこの郵便局は西洋の様式が基調ではあるが、不思議と街並みと調和している。そして、築90年以上と古い建物ではあるが、経年変化によって培われたのであろう、味わい深さが残る。
下妻の建物も同様である。確かにあばら家と言われれば、その通りなのかもしれないが、味わい深さと気品と風格が漂うのである。
二つの建物に共通するのは、「経年劣化」ではなく、「経年変化」によって、味わいが深くなっているということである。
現在の建物の造り方、あるいは家造りは、メンテ重視と経済性優先の建前のもと営利を優先し、「経年変化」による味わいなど考慮されていないケースが殆どである。窯業系サイディングなどの印刷工業製品に依存し過ぎれば、、「経年劣化」があるのみであり、だいたい印刷では、「経年変化」もヘッタクレもないのである。また、最初は良くても、飽きやすいというのが印刷製品の特徴である。いくら印刷技術がこれから発達しようが、この事実は覆しようがないだろう。「馬鹿とサイディングは使いよう」とは確かに言いますけれども…。
技術が発達することで、確かに人間が得たものは多いでしょう。しかし、失ったものもそれ以上に多いのかもしれない。
カテゴリ:建築雑感 2014年2月28日(金)
近い日にかかれた記事
南禅寺水路閣 2014年3月3日(月)
水戸の梅まつり~2014年 2014年3月2日(日)
建築家 W・M・ヴォーリズ 2014年2月28日(金)
真壁のひな祭り 2014年2月28日(金)
Gallery&Cafe あかり家 2014年2月28日(金)
Copyright (C) 2017 永井昭夫建築設計事務所 All Rights Reserved.