設計者の想いの日々(ブログ)
カレンダー
<< 2013年11月 >>
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567
カテゴリ
すべて(419)当設計事務所の姿勢・信条(31)建築雑感(24)建築知識(22)建築構造・性能(17)建築文化・伝統(27)建築素材・材料(27)住宅・建築業界(17)建築設備(5)設計者の日常(33)工事監理・現場紹介(11)お知らせ・ご挨拶(19)建築士会での活動・広報(15)東日本大震災・竜巻・災害(21)東北の町並み・建築探訪(11)栃木県の町並み・建築探訪(14)関東の町並み・建築探訪(14)京都の町並み・建築探訪(19)西日本の町並み・建築探訪(2)茨城県北の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(13)茨城県央の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(30)茨城県西の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(8)茨城県南の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(34)茨城県鹿行の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(5)
最新記事
アーカイブ
永井昭夫
建築設計事務所
mail@nagai-sekkei.com
茨城県を中心として
活動している
設計事務所です。
対応エリア

水戸・ひたちなか・那珂・
日立・常陸大宮・城里・
笠間・鉾田・小美玉・
石岡・土浦・つくば・
筑西・古河・牛久・
龍ヶ崎・取手・守谷
その他地域もご相談下さい。

設計者の想いの日々(ブログ)

銀座の街並みPARTⅡ~「銀座」という名のブランド

銀座は地価が非常に高い地域として知られ、山の手により近い表参道に押されていた時期もありましたが、「銀座」という名は、かつてから、いわゆるブランド力が高く、銀座に店舗や会社を構えるというだけで、人間の心理は畏れ入り、同じメロンを売っていたとしても、足立区のメロンとは違うようなイメージがあって、贈答品では銀座千疋屋のメロンのほうが有難い感じがするのは、人間の心理として否めない事実であると思います。
茨城県内についても同様で、「水戸」や「つくば」という名前に求心力があり、例えば、他の茨城県の市町村所在の設計事務所と同じ仕事をしていても、「水戸」と「つくば」の設計事務所のほうがセンスの良い仕事をしていそうな感じというイメージは多少なりともあるかと思います。
私は茨城県の小美玉市に事務所を構え、水戸と土浦・つくば地域のほぼ中間に位置し、「どちらにも仕事に行きやすくていいですね」とは、よく言われます。が、私が水戸の会合に行く機会があって、水戸の会社の社長と名刺交換をすると、「ほぉ、小美玉からわざわざ、まぁ宜しく…」と露骨に馬鹿にするような対応をされた経験は数え切れない程あります。といっても、水戸は水戸でも、やはり東京には劣等感を持ち、東京を含めた日本は欧米コンプレックスから脱しきれないというような流れがあります。
そんな日本人の意識が凝縮された土地が「銀座」であり、だからこそ、銀座のクラブで一回の勘定で何十万だったり、国内外のブランドショップが乱立する現象が起こるのでしょう。
前置きが長くなりましたが、今回は、銀座(一部は汐留)に立つ建築物を紹介します。

左より、ヒューリック銀座数寄屋橋ビル(設計:久米設計・大成建設JV) ピアス銀座ビル(設計:久米設計)
  

左より、デビアス銀座ビル(設計:光井純・大成建設) クロス銀座ビル(設計:竹中工務店)
  

左より、資生堂(設計:竹中工務店) ステファニー化粧品(設計:吉柳満アトリエ)
  

左より、TASAKI(設計:乾久美子) ユニクロ(設計:クライン・ダイサム・アーキテクツ)
  

左より、YAMAHA(設計:日建設計) 日本テレビタワー(設計:三菱地所設計・リチャードロジャースパートナーシップ)
  
カテゴリ:関東の町並み・建築探訪 2013年11月4日(月)
近い日にかかれた記事
銀座の街並みPARTⅡ~「銀座」という名のブランド 2013年11月4日(月)
画家 川澄淳 個展 2013年11月3日(日)
Copyright (C) 2018 永井昭夫建築設計事務所 All Rights Reserved.