設計者の想いの日々(ブログ)
カレンダー
<< 2010年7月 >>
27282930123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567
カテゴリ
すべて(419)当設計事務所の姿勢・信条(31)建築雑感(24)建築知識(22)建築構造・性能(17)建築文化・伝統(27)建築素材・材料(27)住宅・建築業界(17)建築設備(5)設計者の日常(33)工事監理・現場紹介(11)お知らせ・ご挨拶(19)建築士会での活動・広報(15)東日本大震災・竜巻・災害(21)東北の町並み・建築探訪(11)栃木県の町並み・建築探訪(14)関東の町並み・建築探訪(14)京都の町並み・建築探訪(19)西日本の町並み・建築探訪(2)茨城県北の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(13)茨城県央の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(30)茨城県西の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(8)茨城県南の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(34)茨城県鹿行の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(5)
最新記事
アーカイブ
永井昭夫
建築設計事務所
mail@nagai-sekkei.com
茨城県を中心として
活動している
設計事務所です。
対応エリア

水戸・ひたちなか・那珂・
日立・常陸大宮・城里・
笠間・鉾田・小美玉・
石岡・土浦・つくば・
筑西・古河・牛久・
龍ヶ崎・取手・守谷
その他地域もご相談下さい。

設計者の想いの日々(ブログ)

設計と施工の完全分離

設計だけではなく、なぜ工事を施工しないのかと時々聞かれます。工事を請け負ってしまったほうがお客さんは安心するのではないかと…。「○○ハウス」とか「△△△ホーム」という商号をつけて運営していったほうが商業的利得があるのではないかと…。金でも借りて、展示場でも作ったらどうだと…。いろいろな方面の方々からそう言われます。
そのたびに、当事務所のHPを読んでくださいと答えるのですが、HPがなかった頃はいちいち、そのような質問があるたび、真面目に回答していまして、その集大成として、HPの「設計事務所とは」に纏めた次第であります。結論を申し上げると、当事務所は設計と施工を一貫して行い、工事を請け負う野心は毛頭ございません。わざわざ、私が新規に工事の請負の分野に参入しなくとも、優秀な工務店や建設会社はいくらでもあります。
ここで誤解のないように申し上げると、私は工事は請け負いませんが、お客様の利益を守るために「工事監理」は行うということです。

そもそも、私は最初から「設計施工完全分離」を唱えていたわけではありません。紆余曲折があって、そのような結論に辿り着いたのであって、特に住宅の分野について、「設計施工完全分離」が推進されるべきであると考えています。
その理由として、設計施工一貫方式のなかで住宅を建てる場合、消費者の利益を損なうような場面に無数に遭遇してきたこと、そして住宅建設業界なるものがハウスメーカーを含めた生産者主導の海千山千が蠢く業界であり、そのなかで消費者の利益を守るためには、消費者の意向を代弁してくれる設計・工事監理者という専門家が必要であることなどが挙げられます。

もう一点、私が工事を請け負わない確たる理由があります。それは100%に近い確率で請負会社を潰すであろうということです。
私はすぐに安請け合いし、損得抜きで突っ走ってしまうところがあります。設計業務であれば、安請け合いしたところで、それほど経営上、実害はありませんが、施工となると大変なことになってしまいます。
そうでなくても、浮き沈みの激しいハウスメーカー・ビルダーです。この10年で、どれだけの会社が潰れ、また、雨後の竹の子のように、どれだけの「○○ハウス」が生まれたことでしょう。そんな馬の生き目を抜くような業界の嫌な部分を見てきた私に、工事の請負の業界に参入しなさいという話は土台、無理というものです。住宅は当たれば大きい業界であり、素人でも資本さえあれば参入しやすいので、これからも多くの「○○ハウス」や「△△△ホーム」が生まれ、そして次々と消えていくことでしょう。

私は設計・工事監理者であると同時に、お客様の代理人として活動していくことに醍醐味を感じております。また、そのような私の活動と、実際に工事を請け負うという業務は全く違うものであると私は考えています。


*当事務所のHPの「設計事務所とは」の補足的意味合いもございますので、合わせてお読みいただけると幸いです。
カテゴリ:当設計事務所の姿勢・信条 2010年7月31日(土)
近い日にかかれた記事
長期優良住宅 2010年8月6日(金)
見積書の明細は必ず必要 2010年8月1日(日)
設計と施工の完全分離 2010年7月31日(土)
グリーンカーテン 2010年7月29日(木)
お金 2010年7月26日(月)
Copyright (C) 2018 永井昭夫建築設計事務所 All Rights Reserved.