設計者の想いの日々(ブログ)
カレンダー
<< 2010年6月 >>
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930123
45678910
カテゴリ
すべて(419)当設計事務所の姿勢・信条(31)建築雑感(24)建築知識(22)建築構造・性能(17)建築文化・伝統(27)建築素材・材料(27)住宅・建築業界(17)建築設備(5)設計者の日常(33)工事監理・現場紹介(11)お知らせ・ご挨拶(19)建築士会での活動・広報(15)東日本大震災・竜巻・災害(21)東北の町並み・建築探訪(11)栃木県の町並み・建築探訪(14)関東の町並み・建築探訪(14)京都の町並み・建築探訪(19)西日本の町並み・建築探訪(2)茨城県北の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(13)茨城県央の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(30)茨城県西の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(8)茨城県南の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(34)茨城県鹿行の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(5)
最新記事
アーカイブ
永井昭夫
建築設計事務所
mail@nagai-sekkei.com
茨城県を中心として
活動している
設計事務所です。
対応エリア

水戸・ひたちなか・那珂・
日立・常陸大宮・城里・
笠間・鉾田・小美玉・
石岡・土浦・つくば・
筑西・古河・牛久・
龍ヶ崎・取手・守谷
その他地域もご相談下さい。

設計者の想いの日々(ブログ)

「建築」は「住宅」に始まり「住宅」に終わる

もう10年以上前のことでしょうか。お付き合いの関係で、ほんの短い期間ですが、高校受験対策のための学習塾で、国語を教えていたことがあります。「日本人なんだから、国語ぐらいはいつでも教えられますよ」ということで安請け合いしてしまったわけですが、普段、当たり前に使っている「日本語」を教えることの難しさを痛感せざるをえませんでした。
ちょっとでも、いい按配に生徒に教えようとすると、ストップがかかるし、理解したかなと思って先に進めると、生徒は同じような間違いをする、そんな繰り返しでした。当たり前のことをわかりやすく教えていくことほど難しいものはないと思いました。

このことは私たちの「建築」の世界にも当てはまると思います。いわゆる建築の専門用語を駆使して、煙に巻くような文章は誰でも書けます。単に自分自身の虚栄心を満足させることを主眼に書くだけですから簡単なはずです。
けれども、専門的な内容であっても、生活に密着した言葉で、専門外の方々にも、いかにわかりやすい表現で伝達するかとなると、とても難しいと言わざるをえません。相手の立場になって物事を伝達することの難しさは仕事上だけでなく、実生活でも感じることです。

特に文筆を専門にしていなくても、例えば、科学の世界で一芸に秀でている技術者には名文家が多いと言われます。湯川秀樹、アインシュタイン然り、建築の世界ですと、宮脇檀が挙げられるでしょうか。
ただ、これは私見ですが、「建築」は非常に生活に密着した分野であるにもかかわらず、生活に根ざした言葉でわかりやすく伝えてくれる建築技術者が少な過ぎます。いかに専門バカが多いか、その証明だと思います。

「建築」は「住宅」に始まり「住宅」に終わるという言葉があります。「住宅」は人々が生活していく基本の拠点です。その基本を知ることから始まって、幅を広げて、奥義を垣間見て、また初心に返って基本に戻る、その繰り返しだと思うのです。「住宅」はいちおう誰にでもできることはできますが、「住宅」ほど難しい建物はありません。

以前、ここのブログで申し上げた通り、「建築」は生活総合技術です。建築士は「ライフトータルエンジニア」となる努力を怠るべきでないと私は考えています。
カテゴリ:当設計事務所の姿勢・信条 2010年6月27日(日)
近い日にかかれた記事
家造りは楽しく 2010年7月10日(土)
珪藻土 2010年6月28日(月)
「建築」は「住宅」に始まり「住宅」に終わる 2010年6月27日(日)
汚れ役 2010年6月22日(火)
Copyright (C) 2018 永井昭夫建築設計事務所 All Rights Reserved.