設計者の想いの日々(ブログ)
カレンダー
<< 2011年5月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
567891011
カテゴリ
すべて(419)当設計事務所の姿勢・信条(31)建築雑感(24)建築知識(22)建築構造・性能(17)建築文化・伝統(27)建築素材・材料(27)住宅・建築業界(17)建築設備(5)設計者の日常(33)工事監理・現場紹介(11)お知らせ・ご挨拶(19)建築士会での活動・広報(15)東日本大震災・竜巻・災害(21)東北の町並み・建築探訪(11)栃木県の町並み・建築探訪(14)関東の町並み・建築探訪(14)京都の町並み・建築探訪(19)西日本の町並み・建築探訪(2)茨城県北の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(13)茨城県央の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(30)茨城県西の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(8)茨城県南の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(34)茨城県鹿行の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(5)
最新記事
アーカイブ
永井昭夫
建築設計事務所
mail@nagai-sekkei.com
茨城県を中心として
活動している
設計事務所です。
対応エリア

水戸・ひたちなか・那珂・
日立・常陸大宮・城里・
笠間・鉾田・小美玉・
石岡・土浦・つくば・
筑西・古河・牛久・
龍ヶ崎・取手・守谷
その他地域もご相談下さい。

設計者の想いの日々(ブログ)

住宅版エコポイント早期終了のお知らせ

今年の12月までに着工する物件に対して適用される予定だった住宅版エコポイントが、今年の7月31日までに着工する物件を対象にということで、早期短縮されることに決まりました。
http://jutaku.eco-points.jp/

住宅版エコポイントとは、省エネ基準を満たした新築の建築物に対して、一律30万円分のポイントがつく制度です。新築の場合の省エネ基準の仕様は、次世代省エネ基準と呼ばれるもので、長期優良住宅の断熱仕様と同様です。
茨城県で、省エネ基準の断熱の仕様としての一例は、
壁と天井に高性能グラスウール16K品90㎜を充填し、床に65㎜のポリスチレンフォーム、サッシにLOW-Eペアガラスを使用することです(LOW-Eペアガラスとは熱が伝達しにくい働きをする非常に薄い膜がコーティングされた二重ガラスのことです)

既存の建物についても、エコリフォームということで、住宅版エコポイントを30万円分まで使用することができます。
既存の建物の場合、一番多い断熱の方法はサッシの窓枠に内付けサッシをつけることです。つまり、サッシが二重につくことになります。そうすることで、断熱ばかりでなく、遮音の効果をも得ることができます。

ポイントの申請期限は、新築の場合、平成24年6月30日まで、リフォームの場合、平成24年3月31日で、ポイントの交換期限は、新築・リフォームともに、平成26年3月31日です。
カテゴリ:建築構造・性能 2011年5月17日(火)
近い日にかかれた記事
水戸の黄門まつり 2011年7月15日(金)
住宅版エコポイント早期終了のお知らせ 2011年5月17日(火)
老舗の家訓を考える 2011年5月11日(水)
Copyright (C) 2018 永井昭夫建築設計事務所 All Rights Reserved.