設計者の想いの日々(ブログ)
カレンダー
<< 2011年5月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
567891011
カテゴリ
すべて(419)当設計事務所の姿勢・信条(31)建築雑感(24)建築知識(22)建築構造・性能(17)建築文化・伝統(27)建築素材・材料(27)住宅・建築業界(17)建築設備(5)設計者の日常(33)工事監理・現場紹介(11)お知らせ・ご挨拶(19)建築士会での活動・広報(15)東日本大震災・竜巻・災害(21)東北の町並み・建築探訪(11)栃木県の町並み・建築探訪(14)関東の町並み・建築探訪(14)京都の町並み・建築探訪(19)西日本の町並み・建築探訪(2)茨城県北の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(13)茨城県央の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(30)茨城県西の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(8)茨城県南の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(34)茨城県鹿行の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(5)
最新記事
アーカイブ
永井昭夫
建築設計事務所
mail@nagai-sekkei.com
茨城県を中心として
活動している
設計事務所です。
対応エリア

水戸・ひたちなか・那珂・
日立・常陸大宮・城里・
笠間・鉾田・小美玉・
石岡・土浦・つくば・
筑西・古河・牛久・
龍ヶ崎・取手・守谷
その他地域もご相談下さい。

設計者の想いの日々(ブログ)

老舗の家訓を考える

その昔から、老舗の家訓には、災害や飢饉に乗じて荒稼ぎをしてはいけないとあるのは、厳然とした事実です。
皆が困っている時ほど、報恩感謝の精神で、時には赤字を出してでも、世に尽くす、それが長く商売を続けていく秘訣であると、そういうことなのではないかと思います。

ところが、 今回の東日本大震災では、荒稼ぎを目論もうとする者が少なからず存在しているのは、私の見聞するところで、例えば、東日本の被災地の瓦屋根の甚大な被害を尻目に、西日本から、震災前の倍近くの手間賃で出稼ぎに来ようとする者、そして、そんな輩を見て、東日本の業者でもそれに便乗しようとする者、震災前は仕事の評判の悪さから廃業寸前に追い込まれていたにもかかわらず、ブルーシート養生などの応急処置や被災建物の補修工事で、法外な請求をしようとする者が後を絶ちません。まさに火事場の大泥棒です。だいたい、そんな阿漕な商売を続けていけるのは、ほんの数年足らずであって、気がついたときは評判を落とし、平常時には相手にもされなくなり、淘汰されていきます。非常事態な時ほど、人は人をよく見るのです。
老舗の家訓、新参者である私自身、噛み締めていきたいと思います。
カテゴリ:当設計事務所の姿勢・信条 2011年5月11日(水)
近い日にかかれた記事
老舗の家訓を考える 2011年5月11日(水)
Copyright (C) 2018 永井昭夫建築設計事務所 All Rights Reserved.