設計者の想いの日々(ブログ)
カレンダー
<< 2017年3月 >>
2627281234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678
カテゴリ
すべて(419)当設計事務所の姿勢・信条(31)建築雑感(24)建築知識(22)建築構造・性能(17)建築文化・伝統(27)建築素材・材料(27)住宅・建築業界(17)建築設備(5)設計者の日常(33)工事監理・現場紹介(11)お知らせ・ご挨拶(19)建築士会での活動・広報(15)東日本大震災・竜巻・災害(21)東北の町並み・建築探訪(11)栃木県の町並み・建築探訪(14)関東の町並み・建築探訪(14)京都の町並み・建築探訪(19)西日本の町並み・建築探訪(2)茨城県北の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(13)茨城県央の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(30)茨城県西の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(8)茨城県南の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(34)茨城県鹿行の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(5)
最新記事
アーカイブ
永井昭夫
建築設計事務所
mail@nagai-sekkei.com
茨城県を中心として
活動している
設計事務所です。
対応エリア

水戸・ひたちなか・那珂・
日立・常陸大宮・城里・
笠間・鉾田・小美玉・
石岡・土浦・つくば・
筑西・古河・牛久・
龍ヶ崎・取手・守谷
その他地域もご相談下さい。

設計者の想いの日々(ブログ)

涸沼と筑波山~茨城町親沢公園より



涸沼は海水と淡水が混じりあう汽水湖であり、「ヤマトシジミ」の産地として有名です。2015年には涸沼が国際的に重要な湿地であること、将来的にも自然環境の保全が図られるということで「ラムサール条約」に登録されています。涸沼は野鳥の宝庫であり、絶滅のおそれがあるオオワシが毎年飛来し、さらに、これまた絶滅の危機にある「ニホンウナギ」も生息しています。
1971年に新種発見となった「ヒヌマイトトンボ」は涸沼湖畔で見つかったことから名付けられました。
江戸時代まで遡ると涸沼は水運の一翼を担っています。まず、東北地方の諸藩の物資が海運で旧那珂湊市(現在のひたちなか市)に集積され、那珂川から涸沼川を通って、涸沼の南部に向かい、そこで陸揚げされて、旧小川町(現在の小美玉市)方面に陸送されて、霞ヶ浦・北浦を経由して利根川を上ってから、現在の江戸川を下り、江戸に物資が運ばれたようです。

 

 
カテゴリ:茨城県央の町並み・建築・施設探訪・自然・文化 2017年3月13日(月)
近い日にかかれた記事
涸沼と筑波山~茨城町親沢公園より 2017年3月13日(月)
啓翁桜(けいおうさくら) 2017年2月20日(月)
石岡陣屋門 2017年2月20日(月)
Copyright (C) 2017 永井昭夫建築設計事務所 All Rights Reserved.