設計者の想いの日々(ブログ)
カレンダー
<< 2014年3月 >>
2324252627281
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345
カテゴリ
すべて(419)当設計事務所の姿勢・信条(31)建築雑感(24)建築知識(22)建築構造・性能(17)建築文化・伝統(27)建築素材・材料(27)住宅・建築業界(17)建築設備(5)設計者の日常(33)工事監理・現場紹介(11)お知らせ・ご挨拶(19)建築士会での活動・広報(15)東日本大震災・竜巻・災害(21)東北の町並み・建築探訪(11)栃木県の町並み・建築探訪(14)関東の町並み・建築探訪(14)京都の町並み・建築探訪(19)西日本の町並み・建築探訪(2)茨城県北の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(13)茨城県央の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(30)茨城県西の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(8)茨城県南の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(34)茨城県鹿行の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(5)
最新記事
アーカイブ
永井昭夫
建築設計事務所
mail@nagai-sekkei.com
茨城県を中心として
活動している
設計事務所です。
対応エリア

水戸・ひたちなか・那珂・
日立・常陸大宮・城里・
笠間・鉾田・小美玉・
石岡・土浦・つくば・
筑西・古河・牛久・
龍ヶ崎・取手・守谷
その他地域もご相談下さい。

設計者の想いの日々(ブログ)

見晴亭・偕楽園



偕楽園・東門の近くに生まれ変わった「見晴(みはらし)亭」。
新聞報道によれば、茨城県発注により総工費7800万円で、「偕楽園・弘道館復興支援の会」をはじめ、有志の方々からの3400万円の寄付も建設資金に使用されたとのことです。延床面積約50坪。
ところで、「見晴亭」は屋根を銅板で葺くほど、格の高い建物だったのでしょうか。
用途は、休憩所・土産屋さん・観光案内所でしょう。
南側・西側に廻る庇は銅板でも良い。しかし、建物本体の屋根に銅板を葺くのは、くどいというか、悪趣味というか、だいたいお金がもったいない。
銅板は高価であり、また、価格の変動が非常に大きい材料として知られ、ただでさえ、消費税駆け込み需要や神社仏閣などの改修が多い時期であり、今回の銅板葺きの工事にあたっては甚だ、高くついたことであろう。
個人的見解では、建物本体の屋根は和瓦で十分で、震度7に耐えうるガイドライン工法で施工すればいいかと思う。寄付金や税金で建てた建物にしては、あらゆる意味でバランスが非常に悪い建物であると私は考える次第です。こうなった原因は偕楽園に既得権を持つ設計事務所の責任です。既得権といっても、公共工事ですから、入札が前提になっていることを申し添えておきます。

  
カテゴリ:茨城県央の町並み・建築・施設探訪・自然・文化 2014年3月22日(土)
近い日にかかれた記事
見晴亭・偕楽園 2014年3月22日(土)
土浦聖バルナバ教会 2014年3月22日(土)
Copyright (C) 2017 永井昭夫建築設計事務所 All Rights Reserved.