設計者の想いの日々(ブログ)
カレンダー
<< 2014年2月 >>
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
2324252627281
2345678
カテゴリ
すべて(419)当設計事務所の姿勢・信条(31)建築雑感(24)建築知識(22)建築構造・性能(17)建築文化・伝統(27)建築素材・材料(27)住宅・建築業界(17)建築設備(5)設計者の日常(33)工事監理・現場紹介(11)お知らせ・ご挨拶(19)建築士会での活動・広報(15)東日本大震災・竜巻・災害(21)東北の町並み・建築探訪(11)栃木県の町並み・建築探訪(14)関東の町並み・建築探訪(14)京都の町並み・建築探訪(19)西日本の町並み・建築探訪(2)茨城県北の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(13)茨城県央の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(30)茨城県西の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(8)茨城県南の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(34)茨城県鹿行の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(5)
最新記事
アーカイブ
永井昭夫
建築設計事務所
mail@nagai-sekkei.com
茨城県を中心として
活動している
設計事務所です。
対応エリア

水戸・ひたちなか・那珂・
日立・常陸大宮・城里・
笠間・鉾田・小美玉・
石岡・土浦・つくば・
筑西・古河・牛久・
龍ヶ崎・取手・守谷
その他地域もご相談下さい。

設計者の想いの日々(ブログ)

旧亀岡家住宅

福島県伊達市にある旧亀岡家住宅は、蚕種製造業を営み、福島県会議員、伊達崎村長などをつとめた亀岡正元氏によって明治30年に建てられた。延床面積は約200坪に及び、外観は洋館であるが、内部は書院造りを基調とした純和風である。黒柿、鉄刀木、花梨、紫檀、数千年経過した阿武隈川の埋もれ木など、銘木がふんだんに使用されており、欅(けやき)や杉材も多用されているが、厳選された材料ばかりである。障子の代わりに、当時貴重であったガラス戸が多用され、「亀岡」の名前にちなんで、床の間に亀の彫り物があったり、書院の格子が亀甲模様だったりするなど、非常に贅を凝らした造りとなっている。
旧亀岡家住宅は、正元氏の子孫の方から旧保原町に寄贈され、平成7年現在地に移築復元された。往時をそのままに、復元の精度は驚くほど高い。福島県指定文化財。




  

  

  

  
カテゴリ:東北の町並み・建築探訪 2014年2月6日(木)
近い日にかかれた記事
10年の節目を迎えて 2014年2月26日(水)
起工式法要 2014年2月11日(火)
旧亀岡家住宅 2014年2月6日(木)
旧篠原家住宅 2014年2月5日(水)
Copyright (C) 2017 永井昭夫建築設計事務所 All Rights Reserved.