設計者の想いの日々(ブログ)
カレンダー
<< 2013年8月 >>
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567
カテゴリ
すべて(419)当設計事務所の姿勢・信条(31)建築雑感(24)建築知識(22)建築構造・性能(17)建築文化・伝統(27)建築素材・材料(27)住宅・建築業界(17)建築設備(5)設計者の日常(33)工事監理・現場紹介(11)お知らせ・ご挨拶(19)建築士会での活動・広報(15)東日本大震災・竜巻・災害(21)東北の町並み・建築探訪(11)栃木県の町並み・建築探訪(14)関東の町並み・建築探訪(14)京都の町並み・建築探訪(19)西日本の町並み・建築探訪(2)茨城県北の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(13)茨城県央の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(30)茨城県西の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(8)茨城県南の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(34)茨城県鹿行の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(5)
最新記事
アーカイブ
永井昭夫
建築設計事務所
mail@nagai-sekkei.com
茨城県を中心として
活動している
設計事務所です。
対応エリア

水戸・ひたちなか・那珂・
日立・常陸大宮・城里・
笠間・鉾田・小美玉・
石岡・土浦・つくば・
筑西・古河・牛久・
龍ヶ崎・取手・守谷
その他地域もご相談下さい。

設計者の想いの日々(ブログ)

大徳寺瑞峯院

大徳寺は、京都でも有数の規模を有する禅宗寺院で、境内には20を超える塔頭(山内寺院)が立ち並んでおり、歴代多くの名僧を輩出してきたことで知られ、茶の湯文化とも縁が深く、日本の文化に多大な影響を与え続けてきた寺院である。
今日は、それらの数ある塔頭のなかでも、「瑞峯院(ずいほういん)」を紹介します。

九州のキリシタン大名として知られる大友宗麟が帰依した大満国師・徹岫宗九を開山に迎え、自らの菩提寺として創建した「瑞峯院」の寺号は、大友宗麟の法名「瑞峯院殿瑞峯宗麟居士」から名付けられたものである。


「瑞峯院」開創400年を記念して作られた「独座庭」。
作庭家・庭園史研究家・重森三玲の1961年の作。
「独坐大雄峰(今ここに一人座っていることが、尊くありがたいことである)」という禅語が由来。


同じく重森三玲作の「閑眠庭」。
「閑眠高臥して青山に対す(枕を高くし青々とした山でも眺めながら昼寝でもしよう。)」という禅語が由来。
開基の大友宗麟が、キリシタン大名として知られていることから、十字架をモチーフにして作庭されています。


安勝軒~大徳寺山内唯一の逆勝手席になっている茶室
カテゴリ:京都の町並み・建築探訪 2013年8月11日(日)
近い日にかかれた記事
下鴨神社・糺の森・賀茂川 2013年8月16日(金)
水戸市役所・臨時庁舎 2013年8月15日(木)
大徳寺瑞峯院 2013年8月11日(日)
府中誉 2013年8月8日(木)
特殊建築物とは? 2013年8月7日(水)
Copyright (C) 2018 永井昭夫建築設計事務所 All Rights Reserved.