設計者の想いの日々(ブログ)
カレンダー
<< 2013年8月 >>
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567
カテゴリ
すべて(419)当設計事務所の姿勢・信条(31)建築雑感(24)建築知識(22)建築構造・性能(17)建築文化・伝統(27)建築素材・材料(27)住宅・建築業界(17)建築設備(5)設計者の日常(33)工事監理・現場紹介(11)お知らせ・ご挨拶(19)建築士会での活動・広報(15)東日本大震災・竜巻・災害(21)東北の町並み・建築探訪(11)栃木県の町並み・建築探訪(14)関東の町並み・建築探訪(14)京都の町並み・建築探訪(19)西日本の町並み・建築探訪(2)茨城県北の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(13)茨城県央の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(30)茨城県西の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(8)茨城県南の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(34)茨城県鹿行の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(5)
最新記事
アーカイブ
永井昭夫
建築設計事務所
mail@nagai-sekkei.com
茨城県を中心として
活動している
設計事務所です。
対応エリア

水戸・ひたちなか・那珂・
日立・常陸大宮・城里・
笠間・鉾田・小美玉・
石岡・土浦・つくば・
筑西・古河・牛久・
龍ヶ崎・取手・守谷
その他地域もご相談下さい。

設計者の想いの日々(ブログ)

設計期間を考える

当設計事務所が設計業務をさせて頂くにあたって、特に注文住宅の場合には、「焦らず、慎重に、時には悠長に構えてください」というニュアンスのようなことをお客様に申し上げております。
もっと簡単に直截な言い方をしてしまうと、住宅に関しては、「焦って、急いで建てようとすると、ろくな事がない」ということでしょうか。
もし仮に、急がなければならない諸事情があったとしても、「急がば回れ」のスタンスで臨んだほうが良い結果を生むのではないかと思っています。
このことは私の過去の数々の苦い経験から導き出された結論と言えるものです。以前ここのブログで、16年前の消費税増税(3→5%)の駆け込み需要時、失敗物件が多々累々としていると申し上げましたが、私自身、決して、その例外であると言うことは出来ません。

当設計事務所の場合、ハウスメーカーのように、特に標準仕様というものが存在しません。お客様の価値観、美意識、思想、今後の生活設計を把握しながら、百人百様のご提案をさせて頂いています。
こういった一連の設計業務にあたっては、お客様に熟考して頂く項目や場面も少なくはないと思いますし、設計者が「機が熟する」のを待つこともあります。
従って、ハウスメーカー及び地場工務店よりは必然的に、当設計事務所の設計期間は長くなっています。今までの例から申し上げると、平均的に、半年前後、時には一年間程度の設計期間を要しています。(他の設計事務所もだいたい同じ位の期間がかかっていると思います)
これから数十年住み続ける建物を、千万単位で、一から造り上げていくのですから、本来、この位の時間は必要であると、現在、当設計事務所は認識するに至っています。
もちろん、設計期間が長ければ長いほど比例して、お客様の満足度の高い建物が必ずしも出来上がるとは言えないでしょう。また、打合せをし過ぎても、建築主・設計者を混沌の海に溺れさせる結果となることがあります。
ただ、設計期間を出来るだけ手離れ良く、短く済まし、急いで工事に着手しようとすることは、営利を追求する企業側の論理に過ぎないのではないだろうかと、私は考えている次第なのです。

追記
居住用でなく、業務用の建物については、必ずしも上記のことは当てはまらないだろうと思っています。その理由については、また別の機会に書き記したいと考えています。
カテゴリ:当設計事務所の姿勢・信条 2013年8月3日(土)
近い日にかかれた記事
全館空調システム 2013年8月5日(月)
高台寺 2013年8月4日(日)
設計期間を考える 2013年8月3日(土)
すまい給付金 2013年8月2日(金)
嵐山・嵯峨野 2013年7月31日(水)
Copyright (C) 2018 永井昭夫建築設計事務所 All Rights Reserved.