設計者の想いの日々(ブログ)
カレンダー
<< 2012年4月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345
6789101112
カテゴリ
すべて(419)当設計事務所の姿勢・信条(31)建築雑感(24)建築知識(22)建築構造・性能(17)建築文化・伝統(27)建築素材・材料(27)住宅・建築業界(17)建築設備(5)設計者の日常(33)工事監理・現場紹介(11)お知らせ・ご挨拶(19)建築士会での活動・広報(15)東日本大震災・竜巻・災害(21)東北の町並み・建築探訪(11)栃木県の町並み・建築探訪(14)関東の町並み・建築探訪(14)京都の町並み・建築探訪(19)西日本の町並み・建築探訪(2)茨城県北の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(13)茨城県央の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(30)茨城県西の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(8)茨城県南の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(34)茨城県鹿行の町並み・建築・施設探訪・自然・文化(5)
最新記事
アーカイブ
永井昭夫
建築設計事務所
mail@nagai-sekkei.com
茨城県を中心として
活動している
設計事務所です。
対応エリア

水戸・ひたちなか・那珂・
日立・常陸大宮・城里・
笠間・鉾田・小美玉・
石岡・土浦・つくば・
筑西・古河・牛久・
龍ヶ崎・取手・守谷
その他地域もご相談下さい。

設計者の想いの日々(ブログ)

長期優良住宅の落とし穴~PARTⅠ

2~3年前のことだったでしょうか。
現行の建築基準法を辛うじてクリアする程度の構造強度を持つ建物と、「長期優良住宅(建築基準法の1.25倍の構造強度)」の建物を同時に、震度6程度の揺れにさらした実物大の実験が行われました。この実験の目的は、「長期優良住宅」の耐震性を証明するために行われましたが、結果としては、「長期優良住宅」のほうが先に倒壊する結果に終わりました。
この比較実験の様子を、ある動画で、私も拝見いたしましたが、「長期優良住宅」の揺れには粘りがないんですね。「柳に風」のようなしなやかさが全くないのです。

私は東日本大震災があった昨年3月11日14時46分、水戸の重要文化財である、築170年を誇る「弘道館」の敷地内におりまして、地震の最初から最後まで、「弘道館」が揺れる様子を間近に、そして冷静に観察することが出来ました。このような重要文化財を、大震災時、間近に観察することが出来た建築の専門家は、ひょっとすると私だけかもしれません。
弘道館の揺れ方は、地震力に真っ向から対抗するような揺れ方ではなく、地震の力を上手く逃がしながら、構造体が粘り勝ちしたような印象を受けました。土壁が損傷するなどの被害はありましたが、構造体に大きな損傷はありませんでした。

このように、大震災時の「弘道館」と、実験時の「長期優良住宅」の揺れ方を比較すると、全く異なった様相を示しております。「長期優良住宅」は地震力に真っ向から対抗としようとし、建物の強さである「剛性」に依存しようとしますが、「柳の木のようなしなやかさ」がありませんので、大木が台風に一瞬のうちになぎ倒されるかのように、倒壊してしまうわけです。

長期優良住宅の構造仕様は、筋交いなどの耐力壁が非常に多く、また補強金物が多用されていて、非常に雁字搦め(がんじがらめ)の構造なっています。
つまり、地震力を上手く逃がそうとするような「柳に風」のような発想は全くありません。
また、この日本の高温多湿の気候の中で、外気に接する屋根下地に構造用合板を使用せざるをえない長期優良住宅の基準にも疑問を感じます。合板は湿気に弱いですから、長期に渡ってその性能を保持することは非常に難しいでしょう。

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成21年6月4日に施行されました。諸外国と比較して、寿命の短い日本の住宅の現状を打開して、長期に渡って優良な住宅のストック化を推進すべきであるという理念は、非常に理解することができます。
けれども、国の推進する具体的な施策及び基準が必ずしも正しいとは限りません。国は長期優良住宅に補助金を出していますが、そのような小遣い銭に釣られること無く、民間業者は、国の施策に対抗できるだけの提案を積極的に行うべきであると私は考えています。
カテゴリ:建築構造・性能 2012年4月22日(日)
近い日にかかれた記事
竜巻の爪痕 2012年5月9日(水)
長期優良住宅の落とし穴~PARTⅠ 2012年4月22日(日)
省令準耐火構造 2012年4月6日(金)
Copyright (C) 2018 永井昭夫建築設計事務所 All Rights Reserved.