設計者の想いの日々(ブログ)

設計実績・事例

坪庭と渡り廊下のある吹抜の 心地よい自然素材の家 (内観)

リビングダイニングは吹抜になっています。壁は珪藻土、天井は檜の無垢材で、自然素材で出来た空間は決して飽きのこない癒しの空間です。
リビングの床は檜の無垢材で、自然塗料のワックスで仕上がった床は冬でも冷たさを感じさせません。呼吸のできる床は年数と共に風合いが増していきます。リビングから出入りする階段の下はパソコンコーナーになっています。
リビングから昇る階段から眺める子供部屋。吹抜を通じてリビングダイニングと2Fの子供室が一体になっています。
鶯色のオープンキッチンです。メーカーはヤマハで、ピアノの塗装技術がキッチンにも応用されています。
現代風にアレンジされた和室です。天井はR状になっています。障子は落水紙を使用、畳は縁のない目積表で、自然素材である障子紙を通じて出来る光の陰影から、和の文化を感じることができます。
リビング・ダイニング・子供室・寝室・水廻りなどのプライベートゾーンと玄関やお客様をお呼びする和室などのパブリックゾーンを分離して、渡り廊下で繋いでいます。渡り廊下の両側は全面ガラスになっていて、坪庭や植栽を楽しむことのできる束の間の憩いの空間です。
渡り廊下から眺める坪庭です。リビング前のウッドデッキとは 黒竹の垣根で仕切られています。
玄関の引戸を開けると見える真正面にある丸窓です。悟りの窓と呼ばれる京都の源光庵のような丸窓からは季節を彩る植栽を楽しむことができます。
Copyright (C) 2017 永井昭夫建築設計事務所 All Rights Reserved.